趣味の総合サイト ホビダス
 

三江線

野暮用で4月15日に上京することになったものの、せっかく東京へ行くのなら・・・と1ヶ月以上前から綿密に計画を練っていて。

まずは、前日の14日に年休申請しておき三連休に仕立てておき・・・

1ヶ月前から、この日は休むという前提で仕事を進め・・・

4月14日の朝を迎えました。

 

新山口から広島までは新幹線移動。

貴重な「ひかりレールスター」。ひかり440号ですが、新下関・厚狭を通過し、新山口から岡山までは各駅停車。

それでも「ひかり号」には変わりありません。

 

広島からは芸備線に乗り換え。

広島7:53発の1808D、キハ47の4両編成。広島を満席で、そこそこ立ち客もいるなか出発。下深川で後ろ2両を切り離し、三次まで向かうのは前側2両。下深川から三次まではワンマン運行。

 

三次からは、待ちに待った三江線。

2018年3月での廃止が決定しており、土日ともなると、お名残り乗車がすごいだろうなぁと思って、あえて平日に乗ったわけですが・・・

三次から石見川本まで、424Dはキハ120の2両編成。

平日だから空いているだろう・・・なんて、甘い考えをしていました。

 

ところが・・・

2両編成で、ご覧の有様。平日でも、こんなに混んでるとは・・・

潮駅の桜見物かな〜と思ったら、潮駅では降りることなく。石見川本駅まで、ほぼこの状態。

結局、三次から石見川本まで約2時間、ずっと立ってました(汗)

 

宇津井駅でお一人下車されたのには、驚きましたが。

 

潮駅の桜は満開でした。

ホーム上の人の数に注目!!

 

私は列車の最後部に立ってましたが、その最後部に居合わせた方に勇気をもって??話しかけまして。

大阪から乗りに来たという方々と、広島から乗りに来たという方とイロイロ話をしていると、列車は口羽駅に。

列車行違いでも何でもなく、なぜか数分停車。そして、何事もなく発車。

 

遅れる要素はどこにもなかったハズですが・・・

所定だと12:18着ですが、なぜか遅れて12時半頃に石見川本に到着。

三次から石見川本まで走ってきた424Dは、ここが終点。

車両はこのあと426Dとして江津まで走ります。

ですが、エンジンを切るため、乗客はいったん車外に降りることになります。

 

人も車両もいったん休止。

石見川本駅では、地元の観光協会??の方が、駅周辺の地図を配っており、それを頼りに食事ができるところへ。

 

駅から歩くこと1分少々。

飯田食堂へ。

店内に入ると、三江線車内でお話しした方々と合流。

注文したあと、しばし雑談。翌日、SLやまぐち号に乗りに行くと言われてましたが、無事に乗れたのかしら??

 

日替わり定食を注文。この日は、コロッケ定食でした。

 

駅には13:10頃に戻りました。

ディーゼルカーは、まだエンジンが止まっています。

きっぷ売場が開いていたので、駅スタンプを押させてもらい、旅の記念に入場券を発券してもらいました。

13:25頃、エンジンがかかります。ノッチ試験が終わり、13:35頃列車のドアが開き、車両に乗り込みます。

すると、地元の川本町役場の方が乗ってこられ「今日はようこそ川本町へお越しくださいました・・・列車にのって沢山の方に来ていただき、お昼ご飯を川本町で食べていただけることに、たいへんありがたく思っています・・・」と御礼の挨拶が。

そして13:45、石見川本駅を発車。

 

石見川本から江津までは、車内はこんな感じで・・・余裕で座ることができました。

 

車窓からは、江の川の流れを見ながら・・・

食後なのでウトウトしながら・・・

こんな写真を撮りつつ・・・

三次から石見川本までご一緒した、広島から乗りに来たという方と雑談をしつつ、列車は江津に到着。

 

ここで、広島から来た方とはお別れしまして・・・

その方は浜田へ向かい、浜田から高速バスで広島へ帰ると言われてましたが・・・無事に帰れたのかな。

 

私はというと・・・

江津から出雲市へ、スーパーおき号で。

コメントをどうぞ