趣味の総合サイト ホビダス
 

2013 年 9 月のアーカイブ

あれから10年・・・へのパーマリンク

2013 年 9 月 30 日 月曜日

2003(平成15)年10月1日、小郡駅は新山口駅に駅名改称しました。

もう10年経つんですね。

時が流れるのは早いものです。

 

 

 

行先サボもLED表示にとってかわり、見なくなりましたね。

って、今さらながら、すごい表示だ。小郡〜宮野〜山口〜小郡・・・のループw

 

宇部線の電車に付いていたヘッドマーク。

 

そして、10月1日。

「新山口駅」のヘッドマークを付けたSLやまぐち号。

 

宇部線に登場した「快速のぞみリレー」。(今は廃止されています)

 

駅名改称から10年。

新山口駅は改良工事の真っ只中です。

 

ところで、「合併と一緒に新山口駅になった」と勘違いされる方が多いですが、市町合併と一緒ではありません。

駅名改称は 2003年(平成15年)10月1日。

市町合併は、その2年後、2005年(平成17年)10月1日。奇しくも月日は同じですが・・・

出雲へ(4)へのパーマリンク

2013 年 9 月 14 日 土曜日

(3)からの続き・・・

 

大社駅跡を後にして、JR出雲市駅へ。

出雲市駅の北側出口は、出雲大社風な装いとなっています。

(南側出口は、いたって普通な感じ)

 

駅構内にある蕎麦屋さんで昼食としました。

出雲そば 黒崎 http://www.izumo-kankou.gr.jp/68

出雲蕎麦を駅そばスタイルで、手軽に味わうことができます。

 

駅そば店といっても、ちゃんと「割子そば」あります。

写真は、冷たい割子そば(3段)660円。1段単位で追加(1段220円)できます。

 

目的は果たした??ので、ここから国道9号線で帰路につきます。

出雲市駅を出たのは、12:50頃。

 

途中にある「道の駅」には全部寄ってしまおう作戦、決行!

 

出雲市駅を出て約30分、道の駅キララ多岐。(滞在時間は13:20〜13:30)

残念ながら、道の駅記念キップは扱っていません。

 

続いて、走ること約20分。

道の駅ロード銀山。(滞在時間は13:50〜13:55)

元からある特産物センター?っぽい建物で、記念キップは無さそう。

(係の人が居なかったので尋ねられず)

 

続いて、道の駅サンピコごうつ。

最近できたのでしょうか、新しそうです。(滞在時間は14:45〜14:55)

ようやく?記念きっぷゲット!

 

続いて、道の駅ゆうひパーク浜田。

ここでも記念きっぷゲット。(滞在時間は15:35〜15:50)

道の駅から見える風景が素晴らしいです。一度、夕陽が沈む時間帯に来てみたいですね。

 

続いて、道の駅ゆうひパーク三隅。(滞在時間は16:05〜16:20)

記念きっぷゲット・・・はいいが、180円に値上がりしてる!

眼下には山陰本線と日本海。イイ絵になりそうです。

 

そして、益田市内で給油して・・・

益田から国道191号で、道の駅ゆとりパーク田万川。(滞在時間は17:15〜17:25)

記念きっぷゲットしました。

 

で、須佐から国道315号〜徳佐から9号線を通って、帰還。

途中、眠気がさしたので、道の駅長門峡で30分ほど休憩。

 

 

で、今回のサンバー旅の走行距離は、604km。

自宅近くのスタンドで給油して・・・ 途中で注いだのも含めて、総給油量は33.49リットル。

高速道路は80km/h規制区間は80km/h、それ以外は95km/hで巡航。

基本的に、エアコンかけてました。(風量は弱で)

というわけで、燃費18.03km/Lをマーク。なかなかイイ数字出ました。

 

(出雲へ 終)

出雲へ(3)へのパーマリンク

2013 年 9 月 12 日 木曜日

(2)からの続き・・・

 

博物館をあとにして、再び一畑電鉄出雲大社前駅へ。

駅舎併設のカフェで一休み。

「ご縁ラテ」をいただきました。555円でおみくじ付。

窓の向こうには「ばたでん」がいます^^

 

デハニ52も見に行きました。

駅隣のカフェから見に行けます。駅とは別施設の扱いなので、入場券を買わなくても大丈夫です。

 

映画RAILWAYSにも登場したデハニ52。

車内には、錦織監督のサイン入りポスターが飾られています。

 

このデハニは、営業線と繋がった線路上に留置されています。

架線も張ってあります。またいつか走る日が来るのでしょうか・・・と期待してしまいます(^^;;

 

時はお昼過ぎ。

参道にある蕎麦屋さんは、どこも待ち人多数・・・まぁしょうがないですね。

とりあえず駐車場にサンバーを取りに行き、再び旧大社駅へ。

朝方は閉まっていた駅舎入口の扉が開いていたので、駅舎内を見学。

 

格天井の造りに、しばし見とれてました。

 

改札口には、廃止当時の時刻表が掲げられています。

末期の頃は1番線以外は使っていなかったようですね。

 

改札を抜けてホームに出てみます。

 

ここに転轍テコがあったと思われます。

 

線路に降り立つと、ホーム下に空間があるので間違いなさそうです。

 

その空間をのぞき込んでみると・・・

滑車が残ってました。

ちゃんと?残っているのを見たのは初めてかも。ちょっと感動^^

 

 

大社駅を出て、とりあえずJR出雲市駅を目指します。

 

(続く・・・)

出雲へ(2)へのパーマリンク

2013 年 9 月 11 日 水曜日

(1)からの続き・・・

 

参道を歩くこと数分、到着!

拝殿。

一畑電車の中で、参拝方法をアナウンスしていたので、それに沿って私も参拝させていただきました。

拝殿のあと、御本殿にもお参り。

 

お参りの後、島根県立古代出雲歴史博物館へ。

館内は、常設展部分は「フラッシュ無しなら撮影は大丈夫です」ということで、気になるところを何枚か撮らせていただきました。

 

平安時代の出雲大社本殿1/10模型。

ガイドブックなどで見たことありますが、実物を見るのは初めて。

 

奥に進むと・・・

おぉっ。これは見なければっ!

 

銅剣がずらりと並ぶ展示に圧巻。

荒神谷遺跡から出土された銅剣は全部で358本。全国で最多だそうです。

 

 

眠りから覚めた銅鐸・・・赤い字で「国宝」!

 

さらに奥に進むと・・・

モノコックかと思いましたが、聞けばホンモノらしい。

 

「本来とは違う位置に再現」・・・これは違いすぎるような?

 

他にも、映像で神話を紹介する「神話シアター」や、実際に触れたりできるコーナーもあったり、なかなか楽しめる場所でした。

銅剣、銅鐸の展示数には圧倒されます。

 

で・・・「博物館といっても、この電車見るのが目的なんでしょ?」

と突っ込まれそうですが、決してそんな不純な動機で行ったわけではありませんので。

 

(続く・・・)

出雲へ(1)へのパーマリンク

2013 年 9 月 11 日 水曜日

ようやく夏休みをいただき、出雲へ(サンバーで!)遠征してきました。

 

9月9日、23時頃に出発。

国道9号まっすぐ、と思いましたが、行きと帰りは別の道が・・・というわけで、行きは高速道路で。

山口南ICから乗ればいいものを、なぜか徳山西ICまで国道2号線を進むというw

日付が変わる前に、徳山西ICから山陽道へ。

 

9月10日。

玖珂PAで小休止(0:30〜0:45)

宮島SAで小休止(1:15〜1:25)

そして広島道へ入り(そういえば広島自動車道を通るのは初めて)

久地PAで仮眠(1:40〜4:00)

熟睡するハズが、寒さで3:30頃に目が覚める(苦笑)

 

4:00に久地PAを出発し、中国道へ合流、4:15過ぎに安佐SA到着。

軽く朝食を済ませ、4:45に出発。

 

三次東JCTから三次東ICを経て、松江自動車道へ。

この松江自動車道、2013年3月に開通したばかりの新しい道。

ところどころ追越車線が設置されてますが、基本的には対面通行。

しかも、新直轄方式とやらで建設されたため、途中にPAはナシ!!

代わりに、各ICのすぐ傍に道の駅が設置されています。

 

雲南吉田IC近くの、道の駅たたらば壱番地、で小休止(6:10〜6:15)

で、有料区間に入って、加茂岩倉PAで小休止(6:35〜6:50)

出雲ICで高速を降り、一般道を走って・・・

旧JR大社線、大社駅跡に到着。

やっと、この目で見ることができた、大社駅舎。国の重要文化財に指定されています。

中を拝見・・・が、観覧は午前9時から(汗)

 

しょうがないので、正面右手にある臨時改札口へ。

1カ所、自由に抜けれるように開いていたので、ホームへ出てみます。

臨時改札口といっても、この陣容。

昔は凄かったんでしょうね。

 

ホームとレールはそのまま残っています。

構内踏切では転ばないよう、踏切の上にコンパネが敷いてあります。

いまにも列車が来そうな雰囲気です。

 

3番線?にはD51774が静態保存。

タブレットキャッチャーが付いてました。

 

旧大社駅を後にして、神門交通広場駐車場に着いたのは、7:35頃。

一畑電車の時刻を確認すると、7:58発がある・・・ということで、出雲大社前駅を目指します。

大社駅舎も良いですが、こちらの一畑電車の出雲大社前駅もイイ雰囲気です。

こちらは国登録文化財に指定されています。

 

高い天井とステンドグラスが綺麗です。

出札口では、硬券入場券を売っていましたので、私も買い求めました。

 

やってきたのは、元南海電車の3000系。

左には、映画RAILWAYSにも登場した、デハニ52が見えます。

とりあえず、車両基地がある雲州平田まで行ってみることにしました。

 

一部の列車を除いて、ここ川跡駅で乗り換えとなります。

元京王の2100系を見ることができましたが、これは電鉄出雲市ゆき。

雲州平田へ行くには、松江しんじ湖温泉ゆきに乗ります。(松江ゆきは3000系でした)

 

で、雲州平田で折り返して、再び出雲大社前へ。

帰りも、3000系でした。

 

そして、出雲大社へ。

(続く・・・)