趣味の総合サイト ホビダス
 

サンライズ出雲

2017 年 4 月 27 日  投稿者: きらら鉄道部長

前回投稿から間が開いてしまいましたが、続きです。

 

出雲市からは寝台特急サンライズ出雲で東京を目指します。

いまや、定期列車として走る寝台特急は、日本で唯一となってしまいました。

貴重な寝台特急。乗る機会があれば、できるだけ乗っておきたいものです。

 

今回は、始発駅の出雲市駅から乗り込むということで・・・

新幹線で岡山乗り継ぎで乗ることが多かったため、シングルかソロを取ることが多かったですが・・・

今回は大奮発! A寝台個室「シングルデラックス」です。

1列車に6室(禁煙3室・喫煙3室)しかないので、1ヶ月前の10時打ちでゲットできました。

 

当然、B寝台のシングルよりも広くて快適です。

室内には洗面台とデスクも備わります。

 

乗車してほどなく、車掌さんが検札に来られます。

そのときに、A寝台限定のアメニティセットが配布されます。

ジャーン!!

これを貰うのも、A寝台に乗る楽しみの一つ!

 

サンライズエクスプレスのロゴ入り袋の中身です。

1泊するのには十分すぎるグッズの数々。当然??使わずにお持ち帰り(爆)

 

以前は、車掌さんがサンライズのイラスト入りタオルの入ったアメニティ(タオルと歯ブラシ)を200円だったかな?車内で売ってましたが、いまは車内でそれを買うことができません。

出雲市駅の中にあるハートインセブンで、1つ400円で売っていますので、それを買い求めました。

あれ??車内販売のときより値上がりしてるような・・・

 

少し車内を探検してみましょう・・・

各車内通路はこんな感じ。

サンライズエクスプレスは、のびのび座席を除いて、全室個室。

 

ラウンジがあって、ここで景色を眺めながら飲食できます。

といっても、車内販売がないので、事前に買って乗る必要がありますが・・・

 

ラウンジには、いちおう自販機があります。

ジョージアエメラルドマウンテン、リアルゴールド、コカコーラ、爽健美茶・・・

この偏った品揃え、もう少しどうにかならないものかと乗るたびに思います・・・

 

A寝台に乗車の人は、アメニティセットの中にシャワーカードがセットされているので、新たに買う必要はありませんが。

B寝台の人は、シャワーカード販売機で1枚320円でカードを買い求めれば、シャワーを利用することができます。

シャワーカードも以前は車掌さんが販売していましたが、いまは自販機です。だんだん省力化が進んでる気が・・・

 

シャワー室の中です。

1枚のシャワーカードで6分間、利用することができます。

お湯は出しっぱなしではなく、使わないときは止めることができるので、十分ですね。

 

脱衣所にはドライヤーもあります。

シャワー室は使い終わったら、次に使う人のために洗浄ボタンを押しておきましょう。

 

脱衣所にある、脱衣カゴです。

十分な大きさですね。

 

サンライズ出雲号は、岡山駅でサンライズ瀬戸号と連結して東京を目指します。

三江線での疲れが出たのか、姫路あたりからウトウトし始め・・・気づいたら、静岡県に入っていました。

車窓からは、まさにサンライズ!な風景が・・・

 

三江線

2017 年 4 月 20 日  投稿者: きらら鉄道部長

野暮用で4月15日に上京することになったものの、せっかく東京へ行くのなら・・・と1ヶ月以上前から綿密に計画を練っていて。

まずは、前日の14日に年休申請しておき三連休に仕立てておき・・・

1ヶ月前から、この日は休むという前提で仕事を進め・・・

4月14日の朝を迎えました。

 

新山口から広島までは新幹線移動。

貴重な「ひかりレールスター」。ひかり440号ですが、新下関・厚狭を通過し、新山口から岡山までは各駅停車。

それでも「ひかり号」には変わりありません。

 

広島からは芸備線に乗り換え。

広島7:53発の1808D、キハ47の4両編成。広島を満席で、そこそこ立ち客もいるなか出発。下深川で後ろ2両を切り離し、三次まで向かうのは前側2両。下深川から三次まではワンマン運行。

 

三次からは、待ちに待った三江線。

2018年3月での廃止が決定しており、土日ともなると、お名残り乗車がすごいだろうなぁと思って、あえて平日に乗ったわけですが・・・

三次から石見川本まで、424Dはキハ120の2両編成。

平日だから空いているだろう・・・なんて、甘い考えをしていました。

 

ところが・・・

2両編成で、ご覧の有様。平日でも、こんなに混んでるとは・・・

潮駅の桜見物かな〜と思ったら、潮駅では降りることなく。石見川本駅まで、ほぼこの状態。

結局、三次から石見川本まで約2時間、ずっと立ってました(汗)

 

宇津井駅でお一人下車されたのには、驚きましたが。

 

潮駅の桜は満開でした。

ホーム上の人の数に注目!!

 

私は列車の最後部に立ってましたが、その最後部に居合わせた方に勇気をもって??話しかけまして。

大阪から乗りに来たという方々と、広島から乗りに来たという方とイロイロ話をしていると、列車は口羽駅に。

列車行違いでも何でもなく、なぜか数分停車。そして、何事もなく発車。

 

遅れる要素はどこにもなかったハズですが・・・

所定だと12:18着ですが、なぜか遅れて12時半頃に石見川本に到着。

三次から石見川本まで走ってきた424Dは、ここが終点。

車両はこのあと426Dとして江津まで走ります。

ですが、エンジンを切るため、乗客はいったん車外に降りることになります。

 

人も車両もいったん休止。

石見川本駅では、地元の観光協会??の方が、駅周辺の地図を配っており、それを頼りに食事ができるところへ。

 

駅から歩くこと1分少々。

飯田食堂へ。

店内に入ると、三江線車内でお話しした方々と合流。

注文したあと、しばし雑談。翌日、SLやまぐち号に乗りに行くと言われてましたが、無事に乗れたのかしら??

 

日替わり定食を注文。この日は、コロッケ定食でした。

 

駅には13:10頃に戻りました。

ディーゼルカーは、まだエンジンが止まっています。

きっぷ売場が開いていたので、駅スタンプを押させてもらい、旅の記念に入場券を発券してもらいました。

13:25頃、エンジンがかかります。ノッチ試験が終わり、13:35頃列車のドアが開き、車両に乗り込みます。

すると、地元の川本町役場の方が乗ってこられ「今日はようこそ川本町へお越しくださいました・・・列車にのって沢山の方に来ていただき、お昼ご飯を川本町で食べていただけることに、たいへんありがたく思っています・・・」と御礼の挨拶が。

そして13:45、石見川本駅を発車。

 

石見川本から江津までは、車内はこんな感じで・・・余裕で座ることができました。

 

車窓からは、江の川の流れを見ながら・・・

食後なのでウトウトしながら・・・

こんな写真を撮りつつ・・・

三次から石見川本までご一緒した、広島から乗りに来たという方と雑談をしつつ、列車は江津に到着。

 

ここで、広島から来た方とはお別れしまして・・・

その方は浜田へ向かい、浜田から高速バスで広島へ帰ると言われてましたが・・・無事に帰れたのかな。

 

私はというと・・・

江津から出雲市へ、スーパーおき号で。

岡山遠征

2017 年 3 月 20 日  投稿者: きらら鉄道部長

サンバーで、久しぶりに遠征してきました。

 

今回は、現地での移動を考慮し、自転車を積み込みました。

後部座席を倒せば、幅70cm・長185cmのフラットな空間が。

ここに自転車を積み込みます。

 

3月17日(金)、22時30分に自宅を出発!

高速代を少しケチるため(爆)2号線を東に・・・

23:55 徳山東ICから山陽自動車道へ

日付が変わって、3月18日(土) 0:05下松SA到着し、0:15出発。

1:00宮島SA到着、1:15出発。

2:15高坂PA到着、ここで仮眠をとりますが・・・あまりの寒さに1時間後に目がさめる(苦笑)

まぁ、山陽自動車道でも標高の高いところにあるPAなので、当たり前とえばそうですが・・・

高坂PAは3:25に出発。

 

福山SAには3:50到着。

この時間の食事コーナー、マクドナルドと王将は開いてましたが・・・

早朝にラーメンやハンバーガーを食べる気が起きず。売店のおにぎり1つで凌ぐw

30分程度寝て、4:40頃出発。

少し走って、道口PAで5:10から5:55まで仮眠休憩。

玉島ICで山陽道を出て、倉敷貨物ターミナルに着いたのは6:25頃。

 

夜明けの一枚が撮れました。

今回の主な目的は、水島臨海鉄道キハ205ラストランを撮影でした。

 

このあと、サンバーを某駐車場へ移動し、そこで友人と合流してチャリ移動。

まずは弥生〜浦田間で撮りましたが、ピンが甘かった(汗)

つづいて、浦田〜福井間へ。

民家の軒先をゆく構図で撮れました。

で、チャリで弥生駅まで移動し・・・

 

無難に?? 駅撮り。

そして、撮影会の会場である、倉敷貨物ターミナルへ。

 

水島臨海鉄道ホームページに「駐車場はありません」とアナウンスされていたこともあって、自転車で向かいました。

自転車なら、留置きするのに、場所をあまり考える必要がないですから。

 

特別な行先サボが掲げられていました。

 

愛車(ブリヂストン ベガス)とキハ205。

撮影会では、いろいろなアングルで写真を撮りながらも、エンジン音を録音したり、動画で撮ったり。

1時間弱楽しみました。

 

で、そのまま自転車で、清正堂に向かいます。

おみやげは、当然??ピーポーようかん^^

水島へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。駐車場がないので、そういう点でも自転車は便利です

清正堂 http://kiyomasado.crayonsite.net

 

駐車場に戻り、サンバーに自転車を積み込んで再び移動。

ドライブイン古城にある、うどん自販機を案内してもらいました。

隣のカップラーメン販売機も渋い!

 

てんぷらうどん、210円・・・安っ!

これは・・・朝食なのか?昼食なのか?? 時間は、とうに13時を過ぎてましたが(^^;;

うどんを食したあと、次は児島に向かいました。

 

ナッシュカリーの児島店に弾着〜

http://www.naish-curry.com/shop.html

 

ここで、また食う(笑)

到着したのは、14:15頃でした。今度こそ、昼食になるのか??

この日は、夕方が貸切になるらしく、14:30ラストオーダー・15:00閉店ということで、ギリギリセーフでした。

私は、無難に??ナッシュカリーを注文。美味しかった〜

知らない間に友人がお会計を済ませていました・・・そんなつもりじゃなかったのに。

御厚意に甘えさせていただき、ご馳走になりました。この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

 

さて、ナッシュカリーを出たのは15時頃。

児島ジーンズストリートが気になってましたが、この日は、下津井で「みなと電車まつり」が16時まで開かれているということで・・・

ジーンズストリートは、また別の機会にゆっくり回りたいと思います。

 

下津井駅跡に弾着〜

下津井電鉄の電車たちが保存されています。

線路幅762ミリの、いわゆるナローゲージ。詳しいことはウィキペディアとかを見ていただくとして・・・

保存活動費用の足しになれば・・・と思い、グッズを購入させてもらいました。

 

下津井をあとにして、再び水島・倉敷方面へ。

ハンバーガーショップまぁさん屋に弾着〜 また食う(笑)いや、これは夕食ですからっ!

http://www.tamashima-cci.or.jp/moriagetai/k-10.html

3月限定メニュー、タマキチタツタを食しました。

前回(昨年夏)は閉店ギリギリの入店で、慌ただしかったですが、今回は時間に余裕をもって入店^^

ここで友人と別れて、おひらきとしました。

 

18時過ぎに出発。

帰りは、鴨方ICから高速道路へ。鴨方ICは18:20通過。

18:45、福山SA到着。写真撮ってないけど、満車に近い感じ。売店やレストレンも、人ヒトひと・・・

道路情報を見ていたら、志和〜西条間で事故渋滞。マジ??

とりあえず19時頃、出発。

道路上にある情報表示をみると、さっきは事故渋滞だったのに「通行止め」の文字。

ならば・・・と思い、尾道JCTから尾道自動車道に入って、北上。

この尾道自動車道、新直轄方式で建設されたため、無料区間です。

片側1車線ながら、ところどころ2車線化されているので、抜きつ抜かれつ。

 

中国自動車道に合流し、本郷PAに20:15頃到着。

西条〜志和間、まだ通行止めの表示。

本郷PAは20:30出発し、安佐SAで20:45〜21:00の小休憩で再び走ります。

眠気が襲ってきたので、21:50頃、玖珂PAに入り、少し寝ます。

22:30に出発、あとはノンストップで山口南ICで高速を下り、自宅には23:45頃到着しました。

 

日が変わって、3月20日。

自転車を下ろして、あらためてメジャーで荷室を測ってみました。

おぉ、広い広い。布団敷いたら寝ることもできますね。

サンバー最高です。

 

しかし・・・弾丸すぎて疲れた(苦笑)

マフラー交換

2017 年 3 月 11 日  投稿者: きらら鉄道部長

今年で新車登録から9年が経つ、我がサンバー。

ついに、重要部品??に損傷が・・・

 

これは、ディーラーで6ヶ月点検(点検パックによる点検)で写真を撮ってもらったものですが・・・

錆でマフラーに穴が空いてしまいました・・・このままだと車検通らないとのこと。

ディーラーで見積もりを取ると・・・部品代、工賃込みで約15万円。

マフラー自体は6〜7万くらいなので、工賃が高いのか???

 

あまりに高額なので、宇部にある野村工房さんに相談&施工してもらうことにしました。

社外品も探してもらいましたが・・・見つからず。

純正の新品供給はされているので、注文してもらいました。

取り外したマフラー。しっかり穴が空いておりました。

 

マフラーは新品になりました。

 

ついでに、車体の傷消しと車体磨きもお願いしました。

車体磨きは3年前に施工してもらってて、まだ輝きはありましたが、小さい傷が何箇所かあったので。

再び、新車のような輝きとツヤを取り戻しました。

マフラー交換と車体磨きをやってもらっても、ディーラー見積りの15万円には及びません。

さすが、野村工房さん。

きになる方は「宇部市 野村工房」でググってください^^

大型免許

2017 年 2 月 11 日  投稿者: きらら鉄道部長

大型卒検合格してから数日。

某月某日、午前中に休暇が取れたので、さっそく山口県交通センターへ。

交通センターって名前だけ聞くと、バスターミナルっぽい響きですが、ようは免許センターですw

 

人多いかな〜と思いながら、8:20に到着。

8:30になるのを待って、まずは1,600円を払って申請手数料の証紙購入。

書類を記入して、私は自動車学校を卒業しているので、学科・実技免除の窓口へ。

申請を終え、視力検査。

 

中型8トン限定解除のときにもやった、深視力検査。

難なくクリアして、時計を見ると8:45頃。

写真撮影は10:30かららしいので、長い長い待ち時間。

 

交通センターはWi-Fiなんてものは無く、喫茶コーナーはいつの間にか閉店してて、暇つぶしといえばロビーのNHK国会中継のテレビw

ウトウトしてたら、10:30になる。

名前を呼ばれ、写真撮影。交付手数料2,050円を支払い、しばしロビーで佇む。

10:50頃、名前を呼ばれ、新しい免許証が交付される。

 

大型キター!!

長らく、普通から中型8トン限定の文字しかありませんでしたが、中型のとなりに「大型」の2文字。

夏に限定解除しているので「中型車は8トン未満に限る」の文言も消えて無くなりました^^

次回更新まで1年を切っていたこともあり、期限更新もされてて、次の更新は5年後。

そう、ゴールド免許も引き継がれました^^

 

とはいえ、大型車なんて運転する機会は無く。

しばらく乗らないと、ペーパードライバーと化してしまいそうです。